読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gitを使う れべる0

git add . に関して

 

空白はファイル名等に入れないようにすること

 

qiita.com

qiita.com

 

gitの流れ

 

git status  で追加した項目が無いか確認

あった場合stashする

なかった場合

git branch でどのbranchにいるか確認する

masterの場合ブランチを切って開発のbranchに移動する

開発のブランチの場合stashしたデータをgit stash pop で一次避難したデータをブランチに解放、git stash list でなくなるまで実施。

その際commitする必要がある。

list内にデータが無くなったら開発開始。

開発ブランチで開発する。

masterだった場合、

git checkout -b feature/fix

でブランチを作成する

feature/XXXはブランチの命名規則命名規則

stashを吐き出し。

開発開始。

開発に一区切りがついたら、

git  branch

で再度状態ブランチを確認

開発ブランチであることを確認して

git status でcommit漏れがないか確認

git commitする際は、

git add .でカレントディレクトリ配下をステージングしてから実施する。

この時現在のディレクトリがレポジトリのrootでない場合commit漏れが生じるので確認すること。

確認が終了したら

git push origin head

githubに移動してcompare&pullrequestをして

内容を記述して、差分を確認して問題がなかったらマージする。

マージしていらなくなった、ブランチは削除する

そして

ローカル環境で

git pull origin master する